大学院概要

県立4年制高齢者大学の卒業者等を対象に、実践的な社会参加活動について学習することにより、地域活動へ主体的に取り組む意欲を醸成し、地域活動の実践者を養成する。

開設期間
4月下旬~3月上旬 ※原則木曜日 (年間22回)
対象
中・西播磨地域在住で兵庫県4年制高齢者大学または市町の高齢者大学を終了された方、もしくは地域活動について関心や意欲のある概ね60歳以上の方で2年間学習を続けることが可能な方。
講座内容
教養講座 年間14回(開講式・学園祭・閉講式を含む)
移り変わる社会に対応する一般教養や地域活動の実践者として必要な基礎的知識を学習する。
【内容例】
高齢者の役割・生き方、社会の現状認識、地域の将来、地域づくり活動、社会参加、人権・道徳、政治・経済、科学技術、消費生活、文化芸術 など
コース別講座(院2年生)
2年生進級時に3つの講座(環境創造・健康福祉・地域文化)のいずれかに所属し、自分が学びたい分野を専門的に学習する。
環境創造コース
自然環境や社会環境の現状とあるべき将来について学び、健やかで安全に暮らせる環境づくりを実践するための専門的知識や活動を行うための調査・研究・討論・発表等を行い、学びの成果を地域社会へ還元することを目指します。
健康福祉コース
心身の健康や福祉について学び、地域活動やボランティア活動に必要な専門的な知識や活動を行うための調査・研究、討論・発表等を行い、学びの成果を地域社会へ還元することを目指します。
地域文化コース
地域文化や歴史等について学び、まちづくりや社会教育活動、地域間・世代間交流など、地域活動に貢献できる専門的知識や活動を行うための調査・研究、討論・発表等を行い、学びの成果を地域社会へ還元することを目指します。
基礎講座および実践活動(院1年生)
4年制大学講座等での学習をもとに、実践的な社会参加活動について総合的・体系的、かつ実践的に学習することにより、地域づくり活動などへの主体的な取り組み意欲を醸成し、実践者としての資質を養います。1年間の学びの後、2年生から専門コースに分かれ個人またはグループでテーマを設定し、主体的に学びます。
日課表
時刻 活 動 内 容
9:00 登校(車・バイクは所定の場所へ)「駐車マナーをよく守ってください」
受付 (出席簿押印、名札着用、資料受け取り 等)
9:10 ラジオ体操・朝の会(学年ごとに所定の場所で)
10:05 教室移動・トイレ休憩
10:15 教養講座・専門講座 等
11:45 講座修了(各自、昼食・休憩)
13:00 学生会活動(同好会等、自主的な学習活動)の開始
15:00 終了(解散)