令和元年度西播磨俳句祭入賞作品

【一般の部】

◆兵庫県知事賞

点滴は祈りの時間冬日差す

◆兵庫県議会議長賞

秋あかね群れてほどけて風となり

◆兵庫県西播磨県民局長賞

句に遊び齢涼しくありにけり

◆たつの市長賞

雲の峰布袋の腹のこぼれ銭

◆(公財)兵庫県生きがい創造協会理事長賞

黙祷の動かぬ影や夾竹桃

◆(公財)兵庫県芸術文化協会賞

経験が心の糧に夏休み

◆西播磨文化協会連絡協議会長賞

西瓜には特に目のない妻だった

◆神戸新聞社賞

この勢ひ吾にほしきと草を引く

◆奨励賞

語り部の露けき一語一語かな

◆入選

故里の大きな誇り青田波

緑とて同じ色なし里の山

風ばかり捕へてをりぬ捕虫網

我が町に銭湯ひとつ花八手

遠雷や夕餉の支度急がねば

素のままに暮らすもよけれ星月夜

夏めくや水琴窟の音色にも

一村の未来を託し入学児

蜩や偲ぶ歩みになってをり

初胡瓜音美しく刻みけり

桑を喰む音は夜通し蚕飼の家

佳き風や花桐にほふ縁の先

雑念を許さぬ瀧の勢ひかな

四斗樽を打つ祭文や浦の盆

仕事着に汗の重さのありにけり

獣との戦ひ初む稲穂どき

お互ひに病にふれぬ雨月かな

氏神へ供ふ一俵今年米

◆句会特選

小さき秋大きく活けて句会場

豊の秋播磨路黄金色の雨

水澄みて人ごゑまでも映りさう

神の田へ深き一礼秋の暮

野に山に詩の溢れをりホ句の秋


【学生の部】

◆兵庫県西播磨県民局長賞

誰よりも受けた白球響く夏

◆たつの市長賞

バッタとぶ着地点には夢がある

◆(公財)兵庫県生きがい創造協会理事長賞

ホタルイカ波といっしょに踊るんだ

◆(公財)兵庫県芸術文化協会賞

幸せを瞳に残して花火散る

◆西播磨文化協会連絡協議会長賞

母の日に花一輪で笑顔咲く

◆神戸新聞社賞

青田波かきわけ走る姫新線

◆奨励賞

良い景色富士の樹海の万緑は

建物で小さく見える初夏の空

火消水水面に映る天の川

太陽に重なり光るとんぼかな

夏野菜クレヨンみたいにカラフルだ

夏休み新たな発見するチャンス

◆入選

東京に意外と若葉あるんだな

秋を待つたそがれどきの運動場

線香花火私の思いと反比例

雨さえも耳を澄ませば梅雨の歌

セミたちのイス取りゲーム家の松

平泳ぎ特別講師の雨蛙

眠る子の寝顔に囁く春の風

夏空に夢の一打を甲子園

夏の記憶友と雑魚寝で星見る夜

農作業祖母の額に光る汗

苺狩り子どものように母はしゃぎ

外見でごまかしたって金亀子