平成30年度西播磨俳句祭入賞作品

【一般の部】

◆兵庫県知事賞

山墓の深深ぬくき落葉かな

◆兵庫県議会議長賞

新涼や予約の本の届きたる

◆兵庫県西播磨県民局長賞

炊事の手止めて黙祷原爆忌

◆たつの市長賞

清流に洗はれてゐる大夕焼

◆(公財)兵庫県生きがい創造協会理事長賞

栗拾ふ山の光を拾ふかに

◆(公財)兵庫県芸術文化協会賞

空蝉の主は何処山深し

◆西播磨文化協会連絡協議会長賞

万緑に抱かれ踏み出す村起し

◆奨励賞

農に生き富まず病ずの生身魂

ひとり旅終へて自信の日焼かな

叱られてばかりの兄へ団扇風

底紅の底に夕日を畳みけり

 

◆入選

ふる里の闇に蛍の息づかひ

帰省子のまづふるさとの水を汲む

終バスや客は私と金亀子

音立てて地球を冷ます大夕立

目標は父母の齢やじゅくしがき

なまけ者一人もおらず蟻の列

生くるとは伝へゆくこと原爆忌

秋蝶の止まらんとして吹かれをり

碁石打つ音の身に沁む父の盤

水馬広し広しと輪を放つ

職退いて知足の暮らし心太


【学生の部】

◆兵庫県西播磨県民局長賞

ひまわりも君の笑顔もまぶしいよ

◆たつの市長賞

うたた寝の日なたぼっこや光合成

◆(公財)兵庫県生きがい創造協会理事長賞

映し出すたくさんの笑みしゃぼん玉

◆(公財)兵庫県芸術文化協会賞

受話器から祖母の笑顔が見える盆

◆西播磨文化協会連絡協議会長賞

幸せが駆けてきそうな虹が出る

◆奨励賞

雷がくれた部活のひと休み

桜舞う道真っ直ぐに染めてゆく

たんぽぽの命のバトンつなぐ風

袖口の母の太腕つかむ夏

◆入選

楽しさは花火とともにはじけだす

帰り道夕焼け染める思い出も

花火見て家族の笑顔も満開だ

やまびこの子供の声で山笑う

汗をかくシャツからにじむ信念を

ざあざあと頭に落ちる蝉時雨

汗かいてたまに遊んだ受験生

勉強のやるきスイッチかき氷

吹く風にゆれる大枝桜舞う

かき氷なにをかけよう青い空

使ってね私の臓器天の川

明日はやるそう決めたはず夏終わる