西播磨文化会館Facebook 令和2年8月の投稿から

長水山城
長い梅雨が明け、夏空が広がる今日、長水山(ちょうずいざん 宍粟市山崎町五十波 584m)に登りました。山頂には今静かなブームになっている西播磨の山城、長水山城(長水城とも)の跡があります。長水山城は南北朝時代に播磨守護の赤松則祐が築き、1580年西国平定を目指す羽柴秀吉によって攻め落とされました。今は石垣を残すのみとなっており、本丸跡にはお寺が建てられています。山頂の眺めはとても素晴らしく、遠くに清流揖保川が輝いて見えました。
長水城往時を偲ぶ蝉の声
山城にて時を忘れし夏の風
伊水小学校裏に車を停めて上りました(約1時間30分)が、道は思った以上に荒れており、苦労しました。下りは道を変えて下町登山口を目指しました。距離はありますが、歩きやすかったです。他にもルートはあるようなので事前によく調べ、装備を整えて安全第一で登ってください。(岡林)

020817

酷暑の毎日ですね。地元の小学校は今日も集団登校です。もう少し頑張れ!
西播磨文化会館には、ハグロトンボがやってきました。
近所の畑には、ヒマワリが咲いています。「写真、撮らせてくださいね」と、挨拶だけでないふれあいのきっかけになっています。鮮やかなケイトウも。(桑野)

最近は、インターネットで画像が検索できて花の名前を調べています。一つは、犬の散歩コースのヒャクニチソウです。色とりどりに咲いています。百日咲くので、つぼみから枯れてしまった花まで見ることができます。もう一つは合致する画像がありませんでした。炎天下にも負けないで元気に咲くオレンジ色の花が美しいですね。(桑野)

020818

日陰に咲く。今日の花のテーマです。
何か「意味深」ですが、猛暑を避けるように日陰で咲く、夏の花です。健気ですね。
ツユクサは、用水路のなかに。ランでしょうか、白い花は北にある門の脇に咲いています。
夏の花なので、少し開花期間が短いのが残念です。(桑野)

020824

Go To Drive. 老齢の母と妙齢の娘と3人で炎天下の奈良に行ってきました。
東大寺も興福寺も観光客が少なく、ゆっくり見て回ることができました。
国立博物館では「よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-」を観覧。タイマイとヤコウガイに装飾された琵琶の美しさと技巧に感嘆させられました。
最後に35年ぶりに唐招提寺へ。鑑真和上の平成御影像(平成25年制作)や御廟に参拝、金堂脇で鉢植えの蓮の花も見ることができました。葉に切り込みがしてあり、そこから花が突き出て咲いていました。(桑野)

020827

残暑が厳しいですね。年々厳しくなっているように感じます。
そこで今日は涼しげな花を紹介します。いつもの愛犬の散歩途上で見つけた花です。
まず、白いサルスベリ。青いアサガオ科の花。
次は、テイカカズラでしょうか。花弁が4枚なので違うかもしれません。
長い雄しべがたくさんあってとても清楚です。つる性でモウソウダケに絡まって咲いているものもありました。(桑野)

020829

ご近所さんに、円筒形の容器に水をはり色とりどりの花を浮かべて、門先にディスプレイしておられるお宅があります。涼しさが感じられ、路地を歩く人へのやさしさが素敵だと思っています。そのお宅の庭に咲いていた花を撮影させてもらいました。夏の艶やかな花、キバナコスモスとハイビスカス(ブッポウゲ)です。(桑野)