ゆうゆう学園(大学・大学院)合同教養講座 6月18日

エベレストに懸けた夢 ~命・愛・絆~
㈱マルセイ 代表取締役 木元 正均 氏

 2週間ぶりの講座日となった6月18日は4年制大学と2年制大学院との合同教養講座でした。講師の木元氏は2011年のエベレスト登頂という偉大な体験について映像や記録写真を交えて臨場感あるお話をしてくださいました。風が吹くと体感温度がマイナス60度にもなるという極限状況の中、山頂に立って渾身の力で叫んだのは「お母さん生んでくれてありがとう」という言葉でした。それは、天国のお母さんに一番近い場所で伝えた母への感謝の言葉。木元氏の半生や熱い言葉に心打たれる講義でした。自分の子供から聞いた「ありがとう」の言葉を思い出した学生も多かったようです。
 午後は、第1回学園祭実行委員会が開かれました。2年ぶりの開催となる学園祭に向けて、その方向性が合意されました。そして次回、7月2日には緊急事態宣言で自粛していたクラブ活動を再開します。1年生はようやく本格的な学園生活が始まります。お楽しみに。