ゆうゆう学園(4年制大学)第9回講座 交通安全教室 7月9日

シュミレーターを用いた危険予知訓練

 本日の教養講座では兵庫県警たつの警察署交通課のご協力により交通安全教室を実施しました。ゆうゆう学園生のほとんどが運転免許保有者であり、講座日には車を運転して通学しています。兵庫県下の交通事故件数は年々減少傾向にあるものの、高齢者が関係する事故は増加しており、事故総数の半数近くに上るそうです。加齢による心身の機能低下とちょっとした不注意が事故の原因。自分の身体能力の変化を自覚して一層慎重に安全運転を心がけること、また目的地に到着して車を停めるまで集中力と緊張感を保つことが大事だと再確認しました。講義終了後は、兵庫県に2台しかないシュミレーターを用いて運転中の危険予知や回避について訓練しました。
 午後はクラブ活動。1年生の所属クラブも決定しました。新たな趣味と仲間に出会えたことと思います。