古来より歌い継がれている百人一首から現代のものまで幅広く親しまれている短歌。自然とふれあう中で、日々の生活の中で、また社会の流れの中にあって「人の心」を映し出します。