令和3年度 事業方針>

 本格的な少子高齢社会、成長から成熟への変革の中では、一人ひとりが自らの生き方や家庭・地域のあり方を見直し、地域社会の構成員として自覚と責任を持って、ともに考え行動することが必要となります。また、人生100年時代にふさわしい、生きがいに満ちた「全員活躍社会」をめざすことが重要です。
 このことを踏まえ、高齢者等の生涯学習を支援するとともに、学んだことを生かした地域づくり活動を推進します。また、各市町の文化協会をはじめ様々な文化団体と連携して、地域の特色を生かした文化の振興を図ります。
 これらの事業の実施にあたっては、十分な新型コロナウィルス感染症対策を講じながら、先導的な事業や施設運営に努めていきます。

(1) 生涯学習の総合的推進及び支援
① 西播磨生活創造プラザの運営や生活創造しんぶん「ネットめばえ」の発行を通じて、グループ活動の推進に努めます。
② 地域について学ぶ講座や、文化活動・地域づくり活動に関する情報をネット配信し、いつでも・どこででも学べる仕組みづくりを進めます。また、情報交流サロンやロビーに各種資料を配置し閲覧に供します。
③ 県立龍野北高校等近隣の学校・施設との連携により、世代間交流をはじめ、生涯学習・地域づくり活動のさらなる展開を図っていきます。

(2) 高齢者の生きがいづくりの推進及び支援
「ゆうゆう学園」等において、地域の資源や課題を踏まえ、シニア世代が主体的に学び、豊かな絆を育み、社会活動を広げていくことができるよう、4年制大学講座及び地域活動実践講座(大学院)の事業を展開します。

(3) 地域文化活動の振興及び支援
① 各市町文化協会等と連携し、西播磨文化協会連絡協議会を通じて、播州段文音頭をはじめ、地域の特色ある文化の振興を図っていきます。
② 芸術文化活動を行っている県民の発表と交流の機会を提供するため、音楽祭や写真展、短歌祭、俳句祭などの文化活動を支援します。

(4) 施設の管理運営とさらなる活性化
 消毒の徹底や対人距離の確保、換気設備充実等、新型コロナ感染症への十分な対策を図りつつ、活動の場の提供や情報発信を通じて、中・西播磨地域の広域的な活動拠点としての機能充実・活性化を図っていきます。