ゆうゆう学園(4年制大学講座)第7回ー11月27日

 第5回教養講座の今回は、医療法人社団関本クリニック理事長 関本 雅子氏を講師にお招きし、「人生の完成期 貴方はどこでどのように過ごしたいですか? ~住み慣れた地域で最期まで~」の演題でお話をしていただきました。先生は、長年にわたり終末医療に携われてきた経験から、ホスピス・緩和ケアの現状や在宅ケアの内容について具体的に教えてくださいました。また、「その人らしく生き抜いた方たち」として紹介された患者と家族、ホスピス医との関りや最期を看取った家族からの手紙には、学生たちも胸を熱くして聞き入っていました。自分がどこでどのような最期を迎えるのか、深く考えさせられた講義でした。

 老年看護実習のためにゆうゆう学園を訪れていた龍野北高校看護科の2年生もリモート教室で受講し、多くを学んだことと思います。午後は、クラブ活動と並行して「高齢者とのコミュニケーション研修」第2回を実施しました。今回も熱心な話し合いが予定時間を越えて続いていました。