ゆうゆう学園(西播磨高齢者文化大学)同窓会規約

(名称及び所在地)

第1条 この会は「ゆうゆう学園(西播磨高齢者文化大学)同窓会」(以下「本会」と言う)と称し、事務所は会長 宅に置く。

(目的)

第2条 本会は、生涯学習を通して地域づくりに貢献するとともに、会員相互の親睦と友好の輪を広げることを目的とする。

(会員の資格)

第3条 本会は、本会に賛同する次に掲げる者を会員とする。

   ⑴ ゆうゆう学園 大学卒業生

   ⑵ ゆうゆう学園 大学院在学生                                           

   ⑶ ゆうゆう学園 大学院卒業生

(会員の登録)

第4条 大学及び大学院卒業後、又は大学院入学時か在学中に入会登録手続きを行い、会費を納入して会員となる。

(会員の特典)

第5条 1 会員登録された者は終生、会員相互の親睦と友好が図れる。

2 大学の地区会準会員となり、地区会活動に参加できる。

3 大学のクラブ活動に参加できる。

4 趣味の作品展及び生活創造活動グループ展に出品できる。

(事業)

第6条 本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。

   ⑴ 生涯学習の一環としての教養を高めるための事業。

   ⑵ 会員相互の親睦と友好のための事業。

   ⑶ その他、本会の目的達成に必要な事項。

(会費)

第7条1 会費は、入会時のみ入会金として3千円を本会に納入、返金はしない。

2 年会費は徴収しないが、前項に不足が生じれば、総会の承認を得て追徴できる。

(会費の使途)

第8条 会費は、総会・本会行事の参加案内連絡通信費、その他に充てる。

(会費以外の費用の参加者負担金)

第9条1 本会主催各行事の需用費。

2 大学のクラブ活動を希望する者は、大学のクラブ部長に申請し、クラブ審議会の承認を得た後、クラブ活動費を学生自治会に納入する。

3 クラブ活動に掛かる需用費。

4 地区会行事に掛かる需用費。

(会計・会計年度)

第10条1 本会の経費は、入会金、その他の収入をもってこれに充てる。

2 会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年の3月31日をもって終了する。

(役員)

第11条 本会に、次の役員を置く。

    ⑴ 会長     1名      ⑵ 事務局長     1名

    ⑶ 会計     1名      ⑷ 監査委員     2名

    ⑸ 在学理事   2名(大学院在学生に限る)

    ⑹ 期別代表   大学卒業年次ごとに2名           

(役員の選出)

第12条1 前条⑴~⑸の役員は、毎年の本会新規加入者により互選で選出し、総会の承認を

得る。

2 前条⑹の役員は、大学卒業年次ごとに期別生の互選で選出し、会長の承認を得る。

(役員の任務と規約の運用)

第13条 別紙-1に示す。

(会議・構成・決議)

第14条1 本会は、総会及び役員会をもって構成する。

(1) 総会は、期別ごとに互選された期別代議員の過半数の出席(委任状含む)で成立

し、活動方針・行事計画・予算・決算・役員選出等を審議し、出席者の過半数を

もって議決する。

(2) 役員会は、第11条⑴~⑸に示す役員の過半数の出席で成立し、総会議案・役員

会議案等について審議する。

2 規約にない問題が生じた場合は、役員会に諮り処理する。

(会議の招集)

第15条1 定期総会は、毎年5月に行う。必要あるときは、臨時総会を招集することができる。

2 役員会は、会長が必要と認めた時又は役員の要請により、会長が招集する。

(役員の任期)

第16条1 役員の任期は1年とする。

2 任期途中に欠員が生じた場合は、役員会で後任者を選出し、その任期は前任者の

残任期間とする。

(傷害保険)

第17条 加入しない。

(退会等)

第18条 1 退会は、会員資格が永久で名簿管理は継続。ただし、総会代議員資格失効、連絡

     通信業務及び動向把握が原則、停止する。

2 本人・家族の申請により退会できる。

3 会員の死去を確認した時点で退会とする。

(弔慰)

第19条 会員葬儀の弔電・香料は行わない。

(規約の改廃)

第20条 規約の改廃は、総会の議決による。

(付則)

 1 施行   平成26年4月1日

 2 改定   平成27年5月28日

 3 改定   平成30年5月24日

 4 改定   令和 元年5月23日

 5 改定   令和 2年5月21日

9f6faea310a70249beace223c4d6d94d

2850adcd64ad0019788d5f9be16e899d

a5c1c1c1494b104be4f64278ab40f10d