ゆうゆう学園(4年制大学講座)第12回ー1月15日(金)

緊急事態宣言が発令され、感染拡大に歯止めをかけるために私たちの生活にもさまざまな制約が求められています。そのような中、ゆうゆう学園は感染予防対策を徹底しつつ年度末に向けて学園運営を継続しています。学生の皆さんも検温・手指消毒・換気・3密の回避、使用後の施設設備の消毒など協力して取り組んでいます。

本日は今年度最後の専門講座を実施しました。午後は、各学年で来年度に向けた役員選出や班編成などの話し合いをしました。卒業が近づく4年生は思い出作りのために記念品の製作に取り組んでいます。さて、何が完成するのでしょうか?

 環境創造コース
水生の生物
 自然保護指導員 家永善文 氏 

家永氏講演風景

水中や水辺に生える水草の分布と形態などについて、また、それらが『万葉集』などの古典文学に登場していることも教えて下さいました。身近な植物の話だったので楽しく受講できました。

 健康福祉コース
頭はつらつ 人生楽しく ちょこっと体験音楽療法
音楽療法士 家納智鶴子氏
 

加納氏 講演風景

トーンチャイムグループ「ミルフィーユ」の代表として活躍中の家納先生のリードで楽しい時間を過ごしました。講演を通じて、声を出して歌うことが口の周りを鍛え、認知症予防にも役立つことが分かりました。広い講堂でソーシャルディスタンスをしっかりとって、若いころに親しんだ歌を口ずさみました。

 地域文化コース
 ムカシとミライをつなぐまちづくり
  NPO法人ひと・まち・あーと理事長
 畑本康介氏

畑本氏講演風景

講師の畑本さんは、重要伝統的建造物保存地区に指定されたたつの市で、「真の町並み保存は、暮らしと文化を引き継ぐこと」を理念に持ち活動を続けています。地域や仲間とつながって活動を広げていますが、そこには『自分にとっての「100%楽しい」は他の人には「楽しくない」かもしれない』という謙虚な姿勢が十分に生きていると感じました。
なお、講座は配信装置を使って別教室でも受講しました。