ゆうゆう学園(4年制大学)第9回講座(12月11日)

 9月に開講した今年度のゆうゆう学園も、早いもので9回目の開講日となりました。今日は初めて1年生が交通当番と講座の司会・記録を担当します。先輩たちのこれまでの活動を見習って、無事に責任を果たしたようです。年内の講座日は残すところあと1回となり、また、新春の文化会館を彩る『趣味の作品展』の作品募集も始まりました(応募締切は1月8日まで)。コロナ禍で不安な日々が続きますが、それでも年末年始を迎える雰囲気は少しずつ高まっていきます。

環境創造コース 「農業で地域を元気に! ICT農業による未来の創造」

農業生産法人(有)夢前夢工房 ㈱兵庫大地の会 代表取締役  衣笠 愛之 氏

若者たちの夢を育て、魅力ある農業の創造と地域の活性化、そして担い手育成にまい進されている衣笠氏のお話に魅了されました。

健康福祉コース 「高齢者の老化防止」

認知症予防教室一輪会 代表 田中 孝史 氏

超高齢者社会に向かう現在、老化防止につながる生活態度や心の持ち方など、真剣に、面白おかしく話されました。  「一読、十笑、百吸(深呼吸)、千字、万歩」を実践して、健康⇒笑顔⇒幸福⇒長寿を目指しましょう!

地域文化コース 「地域イベントと地域づくり」

NPO法人姫路コンベンションサポート 理事長 玉田 恵美 氏

「まちを元気にしたいと思う人を全力でサポートする」をモットーに精力的に活動を続ける玉田さん。まちづくりの基本は「住民参加」と「情報共有」であること、そして、自分も楽しめることが何より大切だ(「腹六分目でする」)という言葉が印象に残りました。