ゆうゆう学園第2回オープンカレッジ(2月5日)

公開講座

西播磨から名刀を
刀工 高見 國一 氏

第2回目のオープンカレッジ(公開講座)では、地元佐用町に鍛刀場を持つ若き刀工 髙見 國一 氏を講師にお招きしました。今日では日本刀は武道の道具として、また立派な美術品として取り扱われており、その魅力と歴史、また製作過程について詳しく話していただきました。壇上の刀剣が凛とした空気を生む中、高見氏の熱い語りが続きました。
午後は、オープンカレッジ参加者が各クラブ活動の見学を行いました。多くの入学者をお待ちしています。