ゆうゆう学園 第1回オープンカレッジ(1月22日)趣味の作品展・クラブ作品展(2月5日まで)

第1回オープンカレッジ(公開講座)
世界との支え合い・学び合い~被災地KOBEから~
NPO法人CODE海外災害援助市民センター事務局長 吉椿 雅道 氏

35か国63回の海外被災者支援に取り組んできた吉椿雅道氏を講師に招き、第13回講座を実施しました。
吉椿氏は阪神淡路大震災を原点として、「本当に困っている人は声を上げることができないのだから、国家の枠組みを超えて支え合うことが大事」「孤独死の前には孤独な生があった」「最後のひとりまで」等の哲学を持って、コロナ禍の中、オンラインも利用しながら海外の被災地支援に取り組んでいます。そして、講演を通して「学び合い・支え合い」という貴重な教訓について熱く語られました。研修に来た龍野北高校看護科の生徒たちもリモート教室で受講しました。
なお、この日は第1回オープンカレッジ(公開講座)でもあり、来年度ゆうゆう学園入学希望者は公開講座を受講後、午後の大学説明会とクラブ活動見学会にも参加しました。

ゆうゆう学園 趣味の作品展・クラブ作品展  
2月5日(金)まで開催中!

ゆうゆう学園オープンカレッジ(1月22日、2月5日)に合わせて、この期間、館内では「趣味の作品展・クラブ作品展」が開催されています。ゆうゆう学園生(西播磨高齢者文化大学・大学院)、同窓会員とその家族が、日本画(版画・水墨画など)、洋画、工芸、書道、陶芸、手芸、俳句、園芸作品など日頃の取組の成果を発揮して出展しています。いずれも玄人はだしの素晴らしい作品ばかりです。ぜひ、ゆうゆう学園生たちの努力と熱意の結晶をご覧ください。
開催日時:令和3年1月22日(金)~2月5日(金)9時30分~15時30分(最終日は12時まで) 休日も開催しています。